FC2ブログ
「Steins;Gate」が好き過ぎて、ガレージキット化をしちゃってます。 シュタゲ ガレキ化計画進行中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

F1 日本GP(第15戦)の感想

 連続3投稿もF1ネタでゴメンね。 これでも模型ブログ・・・ ネタも無くも無いんですがね。 制作中のも
まだまだ見せれる段階でないので、しばらくゴメンナサイ・・・

って形だけでも謝っておいて! みんな見たか!? 見たよな!? しょーも無い秋の新作アニメなんかどうでもいいから(嘘

いやー 小林 可夢偉 3位 表彰台おめでとう!! 

いままでのレースでも全然取れてたハズだったのに、ほんとうに不運もあってなかなか結果に繋がりませんでしたが
やっと一つ目の到達点にたどり着きましたね。 まだまだ通過点と思いますが、とりあえずみんなで喜びましょう!

鈴鹿では 1990年の 鈴木亜久里 以来 22年ぶり
3位としては 2004年の佐藤琢磨 以来  8年ぶり


奇しくも、亜久里の時と同じように、コンストラクターズポイントで 6位(現時点)の中段チームでのガチンコバトルでの3位は本当に素晴らしいです。


で、詳細は感想は以下で・・・

 金曜日のフリー走行では「あれ? 大丈夫かな?」 と思ったザウバーチーム。 ロングランは悪くはなさそうでしたが、一発のタイムが出ない状態で、心配しました。 同様なのが、レッドブルチーム。 一方で、ハミルトンが好調な感じでしたよね。

ここからが今年の鈴鹿の意外な点で、金曜から土曜日にかけて 大きな気象条件の変化がなかったにも関わらず、ハミルトンはセッティングを崩して大きく後退。 一方、レッドブルは「手を付けられない速さ」を手に入れました。

フリー走行でのデータ解析等、本拠地でもいろいろ行ったらしいですが、ここまでガラッと変わったのはビックリですよ。 で、もっと驚いたのが、ザウバーチーム。

予選には可夢偉もペレスもシッカリと合わせてきました。 正直「中段チーム」ですから、1日でここまで変えられるとはレッドブルよりも意外です。 日本GPって事でチームの本気度が違うらしいけど、いつもこれぐらいならなぁ(苦笑


とりあえず、予選は 可夢偉4位 ペレス6位 差は約0.22秒 予選の勝敗差は 9勝6敗ですね。
見事可夢偉!!

ニュース等での結果を見た人にはわからないですが、可夢偉のアタックラップ中にライコネンのスピンで黄旗がスプーンに出てて、ココを通過した可夢偉が「減速したかしてないか」 でもうヤキモキでしたよ。
同時にベッテルにペナルティの可能性もあり、確定グリッドが出るまで本当に時間がかかりましたが、一安心でした。

安全を考えての減速が認められないと、4位は幻ですからね。DRSも直ぐに解除して、KERSも使わずに落ち着いて対処してました。 さすがです。

で、バトンのギアボックス交換のペナルティのおかげで 3位スタート。 クリーンな奇数列のスタートはラッキーでしたよね。


で、スタート前。 みんなが思ってた「ザウバーのスタートは改善してるのか心配」でしたよね。 後は14戦8戦での撃墜記録をもつ「グロージャンミサイル」をかわすことができるのか(爆
グロージャンが4位スタートってのは本当に気になる存在でしたよね。


後はレッドブルはどうしようもないので、3位を堅持できるかどうか・・・ TVでのスペシャルではみな口を閉ざしてましたが、アロンソもいます。 バトンもいます。 3位を守るだけでも相当厳しいのは解ってる! でも「可夢偉ならやってくれる!」 と希望を抱く土曜日の夜でした。
 



で、日曜のレースは 予報通りの天候で素晴らしいレースが期待されました。

気になる可夢偉のスタート というかザウバーは2台とも素晴らしいスタートを決めてくれました。 3度目の正直ですよね。! 可夢偉はウェバーを見事にパスして1コーナーに飛び込んでくれました。
素晴らしいですよ、ザウバークルー!! お見事でした! やれば出来るじゃん!!

後に思えばこれが、本当に「デカかった」 ここでウェバーの前に出れなかったらリタイアだったよね。

またしても炸裂したんですよ 「グロージャンミサイル」が!!


2コーナー侵入で、ウェバーに追突。 ついでに、ライコネンもアロンソと絡んで、アロンソを撃墜してしまう状態。

正直、可夢偉目線だと、アロンソが消えてくれたのは助かったでしょうね。 ウェバーよりもアロンソの方が怖いと思ってましたから。


1度目のタイヤ交換で、マッサの先行を許してしまいますが、これは仕方なかったと思います。 可夢偉としてはバトンに対応して翌周で交換するしかなかったと思います。
タラレバなら、リカルドに引っかかったバトンをみて、もう1、2周遅らせれば理想的だったでしょうが、バトンがリカルドをかわした場合、可夢偉のポジションが危うくなりますからね。 

ピットストップも木曜日からすごく練習していたらしくて、その成果がでましたね。 平均的な3.5秒ストップで決めてくれました!  かっこよかったよザウバークルー!!

第2スティントで、可夢偉のタイヤの落ち込みが早かったのは少し意外でしたね。 ペレスがリタイヤしたので「差は」解りませんが、クリーンなエリアで走ってましたからね。 原因はともかく、速めに交換して、急遽第3スティントを長めにとりましたが、その判断も良かったと思います。 タイヤが限界なのはラップタイムをみても明らかだったと思います。

運命の第3スティントのバトンとの凌ぎ合いは見モノでしたね! BSではかなりカットされてましたが、カンマ数秒ずつ詰めてくるバトン、そうはさせないと逃げる可夢偉。 双方がベストラップを出し合っての勝負は本当に見モノでした。


天候やセーフティカー等の「ラッキー」な要素がなく、全くの「ガチンコバトル」でバトンを抑えきっての3位ってのは本当に素晴らしいと思います。

楽な3位もあれば苦しい3位もあります。 本当に苦しい3位を見事奪い取ったのは流石です!


個人的に ジェンソン・バトン というドライバーは 可夢偉の超えなければならない壁なんじゃないかと思ってるんですよね。

琢磨は基本的にバトンの後塵を拝して、また彼の移籍のドタバタに巻き込まれてホンダのシートを無くしました。
可夢偉がデビューした時は、バトンとのバトルが印象深かったですよね。
バトンがマクラーレン移籍を決めた時、可夢偉がそのシートの候補に挙がってたと噂もありました。 それを真実とするなら、バトンにマクラーレンのシートを持って行かれた格好です。

そう思ってるので、バトンを抑えての3位は本当に素晴らしかったです。



ここはあくまで通過点。 個人的には 少なくとも後1度は 可夢偉に表彰台に乗ってほしい
印象深かったアブダビとか、初開催のアメリカとかで、もう一発二発、暴れてほしいものです!!


頼むぜ!可夢偉!!

テーマ : F1グランプリ
ジャンル : スポーツ

2012-10-09 : 2012 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

歓喜の鈴鹿
ホント見事でした!
初の表彰台を母国で、しかも鈴鹿50周年のメモリアル!
可夢偉の日、でしたね。

ロータスルノー2台の奇襲攻撃(笑)をかわして、
猛追するバトンとの熾烈な戦いを制して!
待ちに待った日だった(つД`)

スタートやピット作業等、
今までの懸念事項が全て解消されてましたね。
1回目のピットやったかなぁ?
左フロントを担当した人のガッツポーズが
凄く印象的でした(*´▽`)

ここまで最後のファクター「運」に味方されなかっただけに、
ここからは勢いづいて欲しい!

ペレスを抜いてドライバーズランキングBEST10、
メルセデスを抜いてコンストラクターズ5位、
頑張れ可夢偉! そしてザウバー!!

2012-10-10 22:57 : PON-52 URL : 編集
No title
ピットはジャッキマンがギリギリのリリースしてたのも印象的でしたな!

ピット含めて、やるべきことをしっかりとやった、素晴らしいレースでした
2012-10-11 13:06 : 久我 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

久我 浩樹

Author:久我 浩樹
「Steins;Gate」愛 をこじらせて、原型製作>ディーラーデビューと調子に乗ってしまった可哀想な人

シュタゲ・アニメ版が終わるまでは更新するのが目標です。(目標達成!)
シュタゲ・劇場版が公開するまでは更新したいぞ!

検索フォーム

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
398位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガレージキット
8位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

amazon

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

現在の閲覧者数:

次回参加予定

カウントダウンタイマー

twitter

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。